よくある質問
紹介予定派遣とは?

正社員(または契約社員)を前提に契約し、「派遣」の雇用形態で一定期間勤務した後、派遣スタッフとの企業の双方が合意を得られれば直接雇用(正社員又は契約社員)に切り替わるといいう制度です。派遣期間中に、仕事内容や職場環境が自分と合っているかどうかを判断することが出来ます。

紹介予定派遣の場合、派遣スタッフとしての雇用期間は最大6ヶ月となります。

一般派遣とは?

一般派遣は正社員のように就業先の企業と直接雇用契約が結ばれるのではなく、派遣スタッフと派遣会社の間で雇用契約が結ばれる雇用形態です。

派遣スタッフと派遣会社との雇用関係は就業先が決まった時点で発生し、契約関係が結ばれている期間中、雇用関係が継続されます。

派遣会社は就業に関わる内容、条件のご案内や、給与の支払い、社会保険関係の手続き等派遣スタッフの雇用に関わる全てを行います。

派遣先企業は派遣スタッフに業務の指導、命令等(業務全ての指示)を行います。

通常『派遣社員』と呼ばれているのは一般社員です。

雇用保険の加入について教えてください

30日を超える雇用契約期間があり、1週間の所定労働時間が20時間以上の方は加入となります。

社会保険の加入はありますか?

社会保険・雇用保険には条件を満たせば派遣スタッフも加入していただきます。

一週間の所定労働時間が20時間以上で出勤日数が週4日以上の方は加入となります。

※2ヶ月を超える雇用契約期間が確認できる方

手続きは派遣会社で致します。

仕事を始めるまでの流れは?

派遣会社に登録後、希望にあったお仕事をお探しします。希望のお仕事をお選びください。

相談などのフォローはありますか?

常に悩みを相談する環境があります。職場で起こる様々な問題はひとりで駆け込まず派遣会社のスタッフに相談できる体制が整っています。

どんな些細な事もお気軽にご相談ください。

派遣で働くメリット②

様々な企業での経験が可能です。

多様な企業で経験ができるのも派遣ならではの魅力の一つです。

同じ業種でも働き方は様々で短期間の中でも沢山の経験が出来ます。

派遣で働くメリット①

自分の希望に合った仕事を見つける事ができます。

職種、勤務地、時間帯の希望を派遣会社と相談しながら自分のライフスタイルに合わせたお仕事を選択することが可能です。

派遣の仕組みは?

雇用主が派遣会社(派遣元=K.JOB)で勤務先が派遣先企業となるのが派遣です。

正社員やアルバイトなどは勤務している会社が雇用主となりますが、派遣スタッフの雇用主は派遣元のK.JOBとなり、実際の仕事の指示は派遣会社企業から受け、給与は派遣元のK.JOBより支払われます。(福利厚生費等も全てK.JOBから支払われます。)